本文へ移動

卸売価格の形成方法について

価格はどうやって決まるのですか?

山梨中央青果株式会社に集められた青果物は、当社の販売担当者が「野菜や果実を出来るだけ高く売りたい生産者」と「なるべく安く買いたい小売業者」の間に立ち、需要と供給のバランス、青果物の生産コスト、品質の優劣等を充分に考慮したうえで、公正な価格を決定し、効率的に販売していきます。

競り売り

卸売業者が卸売場で商品の卸売をするとき、せり人が公開の方法により、仲卸業者及び売買参加者に競争させ、せりの方法により最高価格の申込者に対して販売する方法です。

相対売り

卸売業者が卸売場で商品の卸売をするとき、販売価格及び数量について仲卸業者又は売買参加者等との交渉の上、販売する方法です。

委託販売

生産者より委託された商品を卸売業者が仲卸業者や売買参加者に販売し、その販売金額の何%か(当社の場合野菜8.5%、果実7%)を販売手数料として差引いた額を生産者へ支払います。

買付販売

委託ではそろえられない商品や輸入商品は商社などから購入し、それを仲卸業者や売買参加者に販売します。バナナなどの輸入果実は全てこの販売方法です。
TOPへ戻る